視野欠損後のエクササイズ

サッカディックトレーニングのエクササイズは、視野を広げ、視力を向上させ、その結果、日常生活における安全性と自立性を高めることができます.

無料でテストすべてのエクササイズを表示する
特定の人のための除外基準はありますか?

急性の目の症状(炎症など)がある人は、症状が落ち着くまでトレーニングを開始してはいけませんし、光感受性誘発てんかんの人もトレーニングをしてはいけません。

イベントの後、長い時間が経っても成功を収めることができますか?

これは代償性眼球訓練であり、その過程で眼の筋肉が特別に鍛えられるからです。

アイ・トレーニングを自分のパソコンにインストールするにはどうすればいいですか?

URLの横にあるアイコンをデスクトップにドラッグ&ドロップするか、このビデオをご覧ください。

レンタル後に目のトレーニングをキャンセルしたいのですが?

購入後、設定でいつでもトレーニングをキャンセルすることができますし、私にメールを書いていただくだけでも構いません。

演習の感想

目のトレーニングについて、お客様の声は?

ここでは、半盲や視覚障害にもかかわらず、日常生活において自立し、自信を持てるようになった人々の例を紹介しています。.

...非常に様々な
Mさん:
"...非常に様々な"
サッケイドトレーナーを購入したのは、家にいながらトレーニングができるからです。演習内容は非常に多彩です。自分が上達したかどうかは、統計データからわかります。最初はとても簡単そうに見えますが、絶対にそうではありません。脳梗塞から1年経っても、まだまだ改善できることがあり、とてもうれしかったです。

日常生活に支障をきたさなくなった
ミセス・シュネーベルガー:
"日常生活に支障をきたさなくなった"
サッケイド・トレーナーのおかげで、脳卒中になる前と同じような生活を再開することができました。車の運転、歩行、ヨット、仕事などが再び可能となり、日常生活に支障はありません。

...以前のように独立して
Sさん:
"...以前のように独立して"
多発性硬化症のため、視野(視神経)に問題があります。様々なエクササイズやシミュレーターのおかげで、頻繁に(毎日)トレーニングをするようになりました。トレーニングの甲斐あって、7ヶ月後には以前と同じように自立できました。

その他のお客様の声を見る